「近藤喜文展」福島にて好評開催中

“この男がジブリを支えた。 近藤喜文展”好評開催中!

福島県三春町の“福島さくら遊学舎”では、6月3日(土) より「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」を好評開催中です。

「赤毛のアン」「火垂るの墓」など日本アニメーション史に残る名作において作画監督やキャラクターデザインなどの重要なポジションで活躍し、「耳をすませば」では監督を務めた、日本屈指のアニメーター「近藤喜文」氏。
本展覧会では、近藤喜文氏の描いたキャラクター・デザインやアニメーション原画、イメージボード、スケッチなどを多数展示いたします。
清潔な人柄と温かな眼差しから生まれた近藤喜文の世界をお楽しみ下さい。

【展示内容】
「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」のキャラクター・デザインやイメージボード、「魔女の宅急便」のイメージボード、「紅の豚」や「もののけ姫」などの原画、唯一の長編監督作品「耳をすませば」の絵コンテ、キャラクター設定、セル・背景原画などを展示。

みなさまのご来場、心よりお待ちしております!


「この男がジブリを支えた。 近藤喜文展」

期間
6月3日(土)~8月31日(木)
会場
空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎(福島県田村郡三春町大字鷹巣字瀬山213)
お問合せ
福島さくら遊学舎 0247-61-6345
入場料
当日券:一般1,200円 中学生以下600円

関連リンク
空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎